主屋(旧内野家住宅)

 

内野家はもとは京都の出身で、大阪夏の陣の功績により荏田に領土を与えられ、それ以降現代まで続く旧家です。

旧内野家住宅は港北ニュータウン事業の中で昭和55年にせせらぎ公園内に当初の形式に近い形で復元されたものです。

建設年代は手法よりみて江戸時代中期~後期と推定されます。復元された間取りは「広間型三間取り」と言い、当時の農家の特長が伺えます。土間と広間鏡の中央部に設けられた背の低い板壁は「タキギヨケ」と言い、炉部の落ち着きを保つ(或は、タキギを隠す)ためのものであるらしく、横浜付近の民家独特のものとされています。屋根は萱葺きであったものを公園内で保存管理上、外形を萱葺きの形を踏襲し、銅版葺としています。

 

《へっつい》
《へっつい》
《囲炉裏》
《囲炉裏》

長屋門(旧小杉家長屋門)

 

この長屋門は、安政6年(1859年)に建築され、

東京都目黒区にあったものです。

当主が横浜に深い関わりがあったため、希望により

横浜市に長屋門の長屋である脇部屋を取り除いた門部分だけが主屋に合わせた形で(昭和54年)移築されました。